● 御祈願・御祈祷

 

 

■ 祈願とは、祈祷とは…

 

 

一般的に、祈願とは「ある目的(願い)を達成しようと神仏に祈ること」をいい、他方、祈祷とは「神仏の守護を願い」僧侶や神職が深い祈りを捧げることをいいます。

 

基本的に、どちらも同じような意味とされています。ただし、厳密にいえば「祈願」は自分自身でおこなうこと(自力本願)を、「祈祷」は祈祷僧や祈祷師、神主などに依頼しておこなってもらうこと(他力本願)をいうようです。

 

※ 当僧院では、主にお経や真言、陀羅尼の読誦をもちいたお祈りを「御祈願」と呼び、他方、護摩などの修法(密教の行法)をもちいたものを「御祈祷」(加持祈祷)と呼んで、分かりやすく使い分けております。

 

そして、依頼者にも一緒に真言を唱えていただき功徳をともに積み、深い祈りを捧げることによって「現世利益」(げんぜりやく)を成就(達成)してまいります。

 

特に、密教において「祈祷」のことを「加持祈祷」と強調して呼びます。加持(かじ)とは、サンスクリット語のadhisthana(アディシュターナ)の語訳で、神仏の加護による除災増福を意味します。

 

また、不思議な霊験によって三毒の煩悩や、魔縁(三障四魔)や法敵といった邪悪なるものを鎮めるという意味で、鎮加護持(ちんかごじ)・神変加持(じんべんかじ)ともいいます。

 

仏の「慈悲」の力が衆生に加えられ、衆生の信心が仏に伝わることで、その大いなる力(加持力)がさらに発揮されます。

 

当僧院においては、手に印契を結び真言(マントラ)を口唱し一心に念じる「三密加持」をおこないます。

 

全国からもご祈祷のご依頼を承っております。まずは一度お気軽にお尋ねください。

 

ご質問・ご相談は下記のメールフォームか、LINEをご利用くださいませ。

 

● 現世利益(げんぜいりやく)

 

■ ご相談・ご依頼

 

 

現世利益とは、

 

お願いごと(現世利益)のほんの一例です。最近はパワーストーンや装飾品の供養や処分のご依頼も増えてきました。また、古くなった御札、経本、お守り、人形などの供養やお焚き上げも承っております。

 

一度お気軽にご相談くださいませ。

 

ご祈願・ご祈祷のご依頼内容

 

(現世利益:げんぜりやく)

 

● 当病平癒 諸病平癒 がん封じ 難病平癒 健康回復 身体健全 健康祈願 延命長寿 傷病平癒

 

● 家内安全 夫婦円満 良縁成就 恋愛成就 復縁成就 縁むすび 安産祈願 子授祈願 所縁吉祥

 

● 無病息災 息災延命 厄除祈願 厄除開運 吉祥招福 開運祈願 開運出世 大願成就 心願成就など

 

こちらに掲載していない所願・心願、お願いごとでもも大丈夫です。まずは一度メールフォームからお問い合わせください。

 

● お問い合わせ

 

食事がおいしくない、睡眠が浅い、体調がすぐれない、対人関係や金瀬トラブルに巻き込まれやすい、外出したり人に会うことが苦手になってきた…、護摩札や絵馬や破魔矢、また、お守りや御札などそのままの状態にしてご自宅などに放置していませんか。

 

これまでのお世話になった「感謝の気持ち」を神仏に伝え、お焚き上げなどの供養をしっかりとなさっていただければと思います。

 

なお、お守りや御札の種類や内容によっては終身にわたりお手もとにおいておくものもあるかと存じます。

 

もし、気になられる方は当僧院へ一度ご連絡をいただければです。

 

下記のメールフォームか、LINEにてまずはご一報ください。

 

 

 

 

 

護摩祈祷に関するご質問やお問い合わせなど

 

「メールフォーム」か、もしくは「LINE」からご連絡ください。

 

なお、いたずらや、不適切な内容のメールにはご返信しかねますので、予めご了承ください。

 

 

天宮光啓

 

トップへ戻る